【TikTok初回インストールで4000円プレゼント】
インストール&5日間連続10分動画視聴で
2月9日まで

1.インストール後初期登録
2.ライブ動画の垂れ流し
PayPayやdポイントプレゼント
招待コード:AB028556251

以下リンク先より、インストールください。
4,000円分!お友達と一緒にギフトをもらえるチャンス♪


【ソフトバンク】 ブラックリスト 短期解約期間は? 契約はどれくらいする必要がある?

友だち追加
初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!今なら4人紹介すると12ヶ月間料金無料
こちら登録頂ければ幸いです。
毎月のスマホの固定費を下げたい人にはチャンス
ソフトバンクニュース

短期解約を繰り返すとブラックリスト入りするということは知る人ぞ知るルールです。

友だち追加
こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。

携帯のMNPを繰り返す人にとってはこの短期解約期間というのが非常に気になるわけです。

本題に入る前に毎月の維持費を少しでも安くする方法



毎月のスマホ代を安くする方法を紹介したいと思います。
毎月のスマホ代って結構高くて生活も厳しい!

少しでも安くするためには、毎月の維持費が安いものがいいよね。今回は毎月の維持費が安くなる会社を紹介しています。

格安SIMへのりかえるときの不安



格安SIMに乗り換えるのは不安要素もあるかもしれませんが、基本的に今使っているスマホをそのまま利用できるケースが大半です。そのため全く問題なく利用することが可能となります。
念の為にのりかえ先の会社に、利用できるスマホ一覧というものがありますので、そちらを確認したほうがいいと思います。

料金の安い会社を一気に紹介


今から紹介する会社は、990円〜利用することができますので、どの会社にのりかえても問題ありません。
UQモバイル公式オンラインショップはこちら UQモバイル公式オンラインショップ 上記クリックで、UQモバイル公式サイトに遷移します。

ワイモバイル公式オンラインショップはこちら ワイモバイル公式オンラインショップ 上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

LINEMO公式オンラインショップはこちら LINEMO公式オンラインショップ 上記クリックで、LINEMO公式サイトに遷移します。

それでは本題に入ります。

ソフトバンクの短期解約は期間は?

ソフトバンクの短期解約として扱われる期間は211日となっており7ヶ月以上は契約したいところです。

7ヶ月目以降の解約ならまず問題はありません。

一節にはiPhoneを契約した場合は1年間と言われていることもあり、そうなるとかなり長期間になります。

○211日目以降の解約
○長ければ長いほうが本来はいい

基本的にこの短期解約というのは、のりかえだけを目的に定期的にのりかえる人が多いということからこのような状況となっています。

のりかえを行わない人であれば、短期解約など関係はありませんので、正直なところそこまで大きな問題になることはありません。

昔に比べて長い間契約しないといけなくなっています。

前は181日以降の解約で問題ありませんでしたが、今は7ヶ月以上の契約が必須となっています。

キャリア側もある程度契約しないと儲からない

当然ながらキャリア側もある程度契約を続けてくれないと儲けることができません。

そういうこともあり、キャリア側も契約をある程度長期間担保したいわけです。

211日以降というのも、2022年になってからということで、やはり短期解約をする人がかなり多かったわけです。

○ソフトバンクの分析で6ヶ月目〜7ヶ月目に解約する人が大量発生
○最低維持期間などでブラックリストを回避する人が増えた

こちらにも紹介しているように、定期的に乗り換えるほうが、メリット多いと判断したユーザーが、最低維持期間などを算出していることから、今後ブラックリストに関する条件もかなり厳しくなっていく可能性はあります。

6ヶ月目から7ヶ月目の解約が異常に多いということも、ソフトバンクとしては認識しており、ひょっとすると2023年以降はさらに長期化する可能性もあるのではないかと思います。

さらにいえば、特別割引で購入されたものに関しては、ブラックリストに入る条件をさらに厳しくしてくる可能性も十分にあるのではないかと思います。

なぜなら特別割引で購入したということは、iPhoneなどを安価に購入しているということであり、安価で購入しているiPhoneを短期間で解約されると、通信費からの回収が行えないという現状があるのです。

新規契約した全員が解約しているわけではありませんが、一定数解約している人がいるので、過去のデータベースより、次回新規契約をするタイミングで、特別割引を行うなら契約できないというような縛りを入れてくる可能性は十分にありえるのではないかと思います。

いわゆる特価ブラックというやつです。それでソフトバンク側もある程度防衛ができるというわけです。

ただ難しいのは、契約をはねたとしても、その負担は代理店側にあるのです。代理店というのは、基本的に契約してナンボの世界で仕事をしていますので、契約されないとなれば、売れないということになるわけです。

そのあたりのバランスも非常に難しいのではないでしょうか。

未納に関して

短期解約だけではなく未納に関しても、残念ながらブラックリスト入してしまうのです。

未納というのは、通信費の未払いです。

通信費を未納にした状態にして、強制解約されると、残念ながら完全にブラックリスト扱いとなります。

この未納情報に関しては、非常に怖く各社で共有されるのです。

○ドコモで未納があった場合にソフトバンクで契約できない
○auで未納があった場合にソフトバンクで契約できない

このような状況となります。

要するに、ソフトバンクで契約ができないということは、他社でも未納があるということになりますので、他社での未納に関しては確実に支払いを終わらせておくことをオススメしたいと思います。

ソフトバンクだけ支払えばいいのだろうと思っている人は要注意です。

ブラックリストに入るとどうなるのか?

ブラックリストに入るとどうなるのか?ということですが、基本的に契約ができなくなります。

契約ができないということは、ソフトバンクのスマホの購入ができないということになります。

それは結構辛いですよね・・・

ソフトバンクのスマホというのは、定期的に割引購入することが可能となっていますので、契約ができないということは、割引購入ができないということになります。

それって結構辛いことだと思います。

ソフトバンクのスマホを割引購入できない
ソフトバンクのブラックに入ると1年程度は契約できない

他社での未納には気をつける

他社での未納には気をつける必要があります。

○他社で未納があっても契約できない
○他社での未納は、ローンも通らない

これはどこの会社でも起こり得ることなのですが、信用情報というものは各社が個別に持っているのではなく、信用を持っている機関があるのです。

それはいくつかの機関がありスマホなどの契約の場合はCICと呼ばれるところに信用調査を出しています。

このCICと呼ばれるところはその人がどのようなブラック情報があるのか?というところを管理しており、そこにブラックの情報が1つでもあると契約ができないという形になっているのです。

そういうことを考えると、他社での未納などは本当に注意する必要があるかと思います。

基本的には未納などは行わないようにしておきたいところです。

LINEMOも同様と考えておくべき

女の子

LINEMOも同様と思っておいたほうがいいと思います。

LINEMOも同様に211日以上の契約が必須
LINEMOもソフトバンクグループと同じと見るべき

基本的にLINEMOもソフトバンクグループと同じと考えておくほうがいいと思いますね。

ブラックリスト入してしまうとソフトバンクグループの契約が当分できないので、基本的にブラックリスト入はしないほうがいいと思います。

ソフトバンクものりかえであれば、かなりオススメできる案件も多数ありますので、個人的にはかなりオススメしたいところではあります。

 

この記事を書いた人

安い価格で販売されているスマホ情報をメインに掲載します。
お得情報は誰もが欲しい情報です。お得に買える買い方などを提案します。
iPhoneなどの一括情報などを紹介しています。
店舗の方から情報を頂き掲載することも可能となっていますので、一度問い合わせから問い合わせてみることをおすすめしたいと思います。

ケータイ情報をフォローする

IIJmioのMNP一括110円もかなりお得


IIJmioのMNP一括110円もかなりお得です。

こちらがIIJmioですが、毎月の維持費もかなり安いので、相当メリットがあります。

一括110円で販売されているRedmi9Tやmoto e7 power、iPhone8、OPPO A73はかなりお得です。

その中でもiPhone8の64GBがMNPで一括110円で販売されているのはありでしょう。

維持費も1000円以下となっていますので、サブ機としてどうでしょうか?次のMNPのタマとして利用することも可能です。
ソフトバンクニュース
ケータイ情報をフォローする
ケータイ情報提供
タイトルとURLをコピーしました
ワイモバMNP一括1円スマホ