【京セラ】 au TORQUE G06 トルク6世代 KYG02 スペックを予想 口コミ レビュー 予約などはどうなる?

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
au

TORQUEシリーズというものを京セラは定期的に販売されておりますが、2022年にもTORQUEシリーズの販売は行われると予想されております。

TORQUEシリーズというのは、非常に強固なスマートフォンというイメージを抱いている人もいるかと思いますが、まさにそのとおりで見た目からしても、落としても壊れないというイメージを持ったスマートフォンとなっています。

友だち追加

こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。

こちらへの登録後は、携帯情報コムさんが配信してくれます。

ワイモバイルの6.7インチスマホがMNP一括1円


ワイモバイルから発売されている大画面スマホのLibero 5G ⅡがMNP一括1円で販売されています。

ワイモバイルストアから購入すると、事務手数料も無料となります。毎月の維持費も安いので、かなりお得です。

こちらがそのLibero 5G Ⅱとなっています。

ワイモバイルはそれ以外のXperia 10シリーズなども安いので、かなりお得

今使っているスマホをLINEMOで

今使っているスマホをLINEMOで利用しませんか?
毎月の維持費が990円で使えます。

今のスマホの維持費を下げるならLINEMOがオススメです。

TORQUE G06はauのみの発売で予約も行える

こちらau Online Shopとなっていますが、au Online Shopにて購入することが可能となります。

【auOnline Shopで購入するメリット】

au Online Shopは自宅まで送料無料で送付
au Online Shopは予約も非常に簡単
au Online Shopは来店不要で購入出来る
au Online Shopは予約購入が可能
au Online Shopは発売日に自宅まで届く

これらのことを考えると、au Online Shopを利用して購入するメリットのほうが間違いなく大きいわけです。

au Online Shopを利用して購入してみることをおすすめしたいと思います。

まずはTORQUE 5Gのスペックを紹介し、それからどの部分がレベルアップしていくのか見ていきましょう。

auから継続で販売されており、非常に人気の高いモデルとなっています。

TORQUE 5Gのスペックはどうなっていた?

モデル名 TORQUE 5G
寸法 167 x 75 x 14.8mm(最厚部20.3mm)
重さ 248g
OS Android 11.0
画面サイズ 5.5インチ
解像度 (2,160×1,080) フルHD+
ディスプレイ TFT
プロセッサ Snapdragon 765
RAM 6GB
内蔵ストレージ 128GB
microSD 最大1TB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 2400万画素+1600万画素
WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.2
Payment おサイフケータイ
カラーバリエーション ブルー、ブラック、・レッド
バッテリー容量 4000mAh
その他 耐衝撃(MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure Ⅳ)
防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP6X)

TORQUE 5Gのスペックでは、初めて5Gが搭載されたことにより、かなりの人が購入したのではないかと思います。

量販店ではさほど人気がなかったと言われておりますが、au Online Shopを中心にかなりの人が購入した機種の一つとなっています。

au Online Shopでは人気のモデルに
au Online Shopは先程も伝えたようにメリットが大きいから

この強固なモデルが欲しいという人も、世の中にはたくさんいたのです。

とにかくこの強固なスマートフォンを5Gで使ってみたいという人もかなり多く、とにかく耐衝撃や防水、防塵などに優れた機種は、他にはあるものの、見た目からして男性的なこのスマートフォンを手にしてみたいという人はかなり多くいるということが、わかるかと思います。

CPUにはSnapdragon7 Gen1に期待

CPUにはSnapdragon7 Gen1というモデルが登場しています。

今回はこちらが採用されると、かなり動作速度が上がると予想されます。

○Snapdragon7シリーズの中では最高モデルの搭載化
○Snapdragon7シリーズでも動作速度は十分

Snapdragonシリーズの搭載は継続的に行われるでしょう。今の日本市場においてSnapdragonは外せないCPUとなっているので、当然といえば当然なのでしょうね。

トリプルカメラに期待

昨今スマホではトリプルカメラを搭載しているモデルが非常に増えています。

現状ではデュアルカメラとなっていますが、そろそろトリプルカメラを搭載してもらいたいと思います。

○TORQUEは色々機能が搭載しているので、カメラ機能の追加は必須
○TORQUEでは望遠性能が足りない
○望遠を生かしたアプリの搭載にも期待

望遠機能を搭載した色々な機能を追加してもらいたいと思います。

望遠のトラッキングや、登山や海での望遠レンズを利用した何か新しいアプリの導入に期待してもいいのではないかと思います。

現状では3万円前後で販売されているスマートフォンでもトリプルカメラの採用をしています。

そういうことを考えると、TORQUE G06に関しても、トリプルカメラが搭載されている可能性は十分ありえるのです。

○トリプルカメラに期待
○望遠カメラの搭載に期待
○画素数アップに期待

カメラ単体での能力アップもそうですが、やはり望遠カメラをつけてもらいたいと思います。

耐久性は継続中

耐久性に関しては継続されるでしょう。

タフネススマホの代名詞となっているTORQUEシリーズとなっていますので、耐久性だけは外すことができません。

耐久性に関しては、今後もかなり期待してもいいのではないかと思います。

○耐久性はピカイチ
○耐久性はTORQUE 5Gを超えるものは難しいのでは?

すでにMIL規格にも対応していることから、今後5Gを超えるものは難しいのではないかと思います。

よって継続的に5Gに対応するということが最大のメリットなのでしょうかね。

耐久性がここまで高いモデルというのは、非常に珍しいモデルとなっています。

見た目もがっちりしたモデルとなっており、非常にメリットがあるかと思います。

10万円超えになると予想

現在円安の影響により、海外から仕入れる部材コストもかなり上がってきております。

TORQUEシリーズも海外からの仕入れ部材を大量に利用していることから、10万円を超えることは間違いないでしょう。

TORQUE 5Gは10万円を切る価格となっていましたが、これから発売されるSnapdragon7以上を搭載しているモデルは、10万円を超えてくるモデルも珍しくはないかと思います。

ただTORQUEシリーズというのは、CPUなどの部材コストだけではなく、タフネススマホとしての部材や設計が他社のスマホのようなものではありません。

そういうことから、一概にその価格がいいのか?と言われると微妙な感じですが、他社のスマホよりも高額になることは否めません。

10万円を超えるモデルであったとしても、1年半に1度くらいのペースで販売されますので、非常にメリットがあるかと思います。

1年半に1度のペースで販売されるということは、おそらく2022年の秋頃に発売されるのではないでしょうか。

それくらいのペースで販売されるモデルとなりますので、期待もできるのではないかと思います。

この記事を書いた人

安い価格で販売されているスマホ情報をメインに掲載します。
お得情報は誰もが欲しい情報です。お得に買える買い方などを提案します。
iPhoneなどの一括情報などを紹介しています。
店舗の方から情報を頂き掲載することも可能となっていますので、一度問い合わせから問い合わせてみることをおすすめしたいと思います。

ケータイ情報をフォローする

IIJmioのMNP一括110円もかなりお得


IIJmioのMNP一括110円もかなりお得です。

こちらがIIJmioですが、毎月の維持費もかなり安いので、相当メリットがあります。

一括110円で販売されているRedmi9Tやmoto e7 power、iPhone8、OPPO A73はかなりお得です。

その中でもiPhone8の64GBがMNPで一括110円で販売されているのはありでしょう。

維持費も1000円以下となっていますので、サブ機としてどうでしょうか?次のMNPのタマとして利用することも可能です。
au
ケータイ情報をフォローする
ケータイ情報提供
タイトルとURLをコピーしました
ワイモバMNP一括1円スマホ