SIMフリーという言葉がようやく一般的な言葉に けど結局SIMフリーって何?

iPhone7予約
docomo ドコモ SB ymobileL
 

今更聞けないSIMフリーということで、この言葉に関して伝えてみたいと思います。 SIMフリーケータイという言葉は聞いたことがあると思います。 まずは一般的にケータイにはSIMという電話番号などの情報が書き込まれたICカードのことを指します。 日本では通信会社(例えば、ドコモやau)などで契約すると同時に端末を購入します。 ドコモでケータイを購入するとドコモからケータイに合うSIMを発行してもらいます。 そのSIMはドコモで契約すると基本的にドコモの端末でしか使うことが出来ません。 仮にソフトバンクやauのiPhoneを使いたいと思っても、ドコモで契約したSIMを挿したところで使うことが出来ません。 その状態はソフトバンクやauで発売されている端末にSIMロックがかかっている状態です。 SIMフリーの反対の言葉がSIMロックです。 要するにドコモで販売されている端末はドコモのSIMカードのみを使えるような設定がされており、先ほどとは逆にauやソフトバンクのSIMを挿しても使えません。 けどどうしてもドコモのSIMをiPhoneで使いたい!という要望がありますよね! そういう時に発揮するのがSIMフリー端末です。 SIMフリー端末を使うと契約会社に縛られることなく、その会社のSIMを使うことが出来ます。

たとえばこのようなSIMフリーのiPhoneを使えば、ドコモのSIMを挿しても使うことが出来ます。 当然ソフトバンクのSIMを使うことも可能です。 それではなぜみんなSIMフリーという言葉に反応するのかということですが、ドコモの回線を間借りして発売されているMVNOの会社例えばb-mobileなどの会社があります。 こういった会社のSIMはドコモのSIMやSIMフリーの端末を使うことを前提にしている為、端末代金は高いものの、結局通信費を抑えたり出来る効果があります。 その為SIMフリーという言葉が出て来ました。 また海外に行った時にSIMフリーの端末は非常に便利です。 日本の契約のまま海外にケータイを持っていった時、たいていの国では通信も電話もできますが、通信費や電話代は非常に高価です。 その為海外に行った時に海外の通信会社と空港などで契約すれば、その国の料金体系で契約出来る為、安く通信を済ますことが出来ます。 それは非常にありがたいです。 最近ドコモでは発売されているケータイを事務手数料3150円支払って、SIMフリーにする施策をしていますが、その場合ソフトバンクのSIMを挿しても使うことが出来ます。 ただしauのSIMでは無理です。 理由はauはドコモとソフトバンクとは異なる通信規格を採用している為無理です。 通常SIMフリー端末を使う場合、ドコモとソフトバンクが互換性があり、auには互換性がありません。 よってSIMフリーのケータイを購入してauのSIMを挿しても通常は使えません。 そのあたりも理解する必要があり、非常に難しいと思います。 それでは以下にまとめておきます。 1.SIMフリー端末が通常使える会社のSIM:ドコモ、ソフトバンク 2.通信会社(ドコモなど)が発売している端末では他社のSIMを挿しても使えない 3.SIMフリー端末を手に入れると通信会社に縛られずに通信が可能となる。 このような感じです。 最後にこれは私の見解ですが、日本国内で使うことを前提に考えれば、SIMフリーにする必要はなく、iPhoneを持ちたければauかソフトバンクに契約し、Xperiaなどの最新のAndroidケータイを持つならドコモに契約するなど端末ありきで考えるなら、その端末を発売している通信会社でもてばよいと思います。 わざわざ高価なSIMフリーの端末を購入する必要はないと思います。