Androidアプリ その他

AndroidやiPhoneでCloud(クラウド)サービスを使いこなすにはID管理などが不可欠

更新日:

未だにCloudサービスって何?って思っている人は多いと思います。 例えばバックアップを例に言うと今までは自分でバックアップを取る必要がありました。 そのバックアップなどを取得する機能を外部(自分の家や自分の端末以外)に持たせようということです。 後はゲーム内のID管理などもCloudサービスの1つです。 当然ですが、ゲームをしていると自分のレベルはゲーム内のIDとパスワードによって管理されております。 自分自身で管理する必要はありません。 そういったことの管理を外部媒体にお任せしようということです。 今ではドロップボックスやEvernoteやiCloudなど様々なCloudサービスが出ていますが、結局ナニが出来るのか不明な人も多いとおもいます。 私の場合は以下のことをやらせています。 ドロップボックスには写真のみ入れる Evernoteには文書のみを入れる。 iCloudはあくまでiPhoneが故障した時用のバックアップ程度 自分の中で区分けをして保存しています。 このことにより、どの写真をどのCloudサービスにいれたかな?なんて迷う必要はありません。 あとCloudサービスは容量制限が付き物です。 容量の壁を取っ払うには追加費用が発生するのですが、発生させるのはたいていの人は嫌なものです。 そうなると必然的に写真などの割りと容量のあるものは大容量のCloudサービスに預けておくのが一般的です。 あっちもこっちもとなるとせっかくのCloudサービスですが、自分ではわからなくなります。 そうならないためにも自分なりに区分けをしてID管理してください。 AndroidではSDカードを機種変更時に引き継げますが、あれも物理的に壊れては、写真など取り出せません。 大事なデータだからこそ外部のサービスを使うのはどうでしょうか。

-Androidアプリ, その他