学割 U25 2017年度版 ドコモ au ワイモバイル ソフトバンク お得 パケット プランは?

iPhone7予約
docomo ドコモ SB ymobileL
 

2017年の学割がそろそろ開始されると思われますが、各社の予想をお伝えしたいと思います。

学割は学生がいる家族にとってはお得に携帯を購入できる時期です。

間違いなくお得に購入できると思われますので、この機会を逃さないように契約したいところですね。

それでは行ってみたいと思います。

その前に学割というのは、オンラインショップでも適用になります。

 
 
iPhone7予約
docomo ドコモ SB ymobileL
 

オンラインショップ

docomo ドコモ

au

SB

ymobileL

こちらがドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルのオンラインショップになっております。こちらからも学割が提供されるので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

これからはネットで購入する人がかなり増えてきており、正直なところオンラインショップからの購入というのは特に増えてきているのです。

なぜオンラインショップでの購入をオススメしたいのかということですが、自宅にいながら自宅へ配送してくれるからです。

やはりショップ系はある程度親切に教えてもらえますが、やはり面倒なことが多いと思います。面倒というのは、時間です。

購入するためには色々時間がかかるので、本当に面倒だと感じる人がここ最近かなり多いのです。

平日の7時頃に住宅地にあるショップにいけばまだましなのかもしれませんが、都会の駅前にあるような店舗なら本当に悲惨です。

なんでこんなに混んでるの?と思うくらい混んでいる状況が多くあるわけです。

そう考えるとやはりオンラインショップでの購入というのはかなりのメリットかと思いますね。それでは学割の施策に関して見ていきましょう。

U25 学割

U25学割というものがそろそろ始まると思われます。開始日ですが、毎年1月中旬に発表ということが定例です。

それでは今年はどのような学割になる可能性があるのでしょうか。

・パケットボーナスが昨年と同等レベル(5GB程度)
・動画系コンテンツの無料化
・基本料金の割引

これらが考えられるU25の施策となっております。

しかしながらU25の中でも基本料金の割引に関していえば、正直なところ微妙な感じもします。

現在総務省はこのような基本料金割引の施策に関して、特定のユーザーにだけ恩恵を与えるような施策を禁止しようとしている動きがあるのです。

ということはこの学割も同様の禁止対象となっている可能性が十分に考えられるわけですね。

そう考えるとこのU25学割施策の中で、特定ユーザーがU25という位置づけになるとなれば、正直なところそこに施策がなくなるということも否めません。

要するに、U25という特定のユーザーではなく、全員が安価になるように求めているわけです。

全員が安価に所持できるようにといったところでかなり難しいような気もしますが・・・

ちなみにこのことにより、端末があまり売れていないという現状もあるわけです。

端末があまり売れていないという現状に対して、総務省はフォロしておりません。携帯業界全体で売上が落ちている中、今のところキャリアはそれなりの収益を確保しております。

それはキャッシュバック施策がなくなったことによるものが多いとされております。

実際にキャッシュバックがなくなり、機種変更を行う人のほうが増えました。いわゆる寝かせという契約を行わない人のほうが増えてきました。

いわゆる解約をしている人が非常に増えてきているのです。

解約というのは、キャリアにとっては旨味はありませんが、キャッシュバックを多く出すよりマシなのかもしれませんね。

携帯の契約自体をする人は徐々に増えていると思われますが、人口減少やキャッシュバック施策がなくなることにより、いわゆる携帯乞食を行う人がかなりヘリました。

そういうことも携帯全体からするとメーカーなども困りますからね・・・

総務省ももう少し考えてほしいと思います。

初回投稿日:2016年12月5日