NTT社長 ドコモは販売戦略見直しを MNPのキャッシュバック戦略に釘刺しか・・・

iPhone7予約
docomo ドコモ SB ymobileL
 

ドコモの親会社のNTTの社長がドコモの販売戦略に関して見直しをというような発言をしています。 現在ドコモ以外の会社ではiPhoneを販売しています。 ドコモはiPhoneを販売していないので、iPhoneがどうしても欲しい人はドコモ以外の会社にいくことは仕方ないと思います。 仮にドコモがiPhoneを販売すると日本国内メーカーのスマートフォンの販売不振になる可能性もあり、非常に慎重なっているようです。 NTTの社長である、鵜浦氏は販売戦略の見直しが必要であると公言していますが、具体的にどのようにするかまでは言っていません。 現在ドコモは転入策としてMNP時の月々サポートを増額したり、MNP時のキャッシュバック額を増やしたりと非常に高額な施策を行なっています。 もうそれではダメだということを公言しているに等しいと思います。 私は長期利用者に対しての優遇をすれば、転出は少なくなると思います。 現在は2年間の縛り契約でいきなり、長期契約者と同じ基本料金になります。 数年前はこのようなことはありませんでした。 私は長期利用者に対しては基本料金の優遇などをしない限りは、今のままドコモ一人負けということにもなりかねません。