スマホの料金を維持費を改善する MVNO 格安SIM 携帯乞食も乗り換え?

iPhone7予約
docomo ドコモ SB ymobileL
 

スマホの料金が非常に高いと思っている人も非常に多いと思います。

MNP一括0円 高額キャッシュバックでMNPする人もかなり多いと思いますが、キャッシュバックなどは非常に欲しいですが、いわゆる寝かし契約をしても毎月の維持費は非常に気になるところです。

ドコモでさえシェアの寝かしでも約3000円程度は維持費が発生します。

それでもMNPをし続けるほうがお得なのでしょうか?

 
 
iPhone7予約
docomo ドコモ SB ymobileL
 

これからの時代はMVNO

これからの時代はなんといってもMVNOだと思います。

いわゆる格安SIMです。データプランだけなら非常に安価に維持することが出来ます。

3GBの高速通信があったとしても1000円程度で利用することが出来ます。

仮に3万円ほどの機種を購入して、2年間利用すると全部入れても6万円ほどです。

2年間で6万円くらいならMNPしてわざわざ高額な維持費さらには2年縛りという無駄な契約をし続けるのは意味がないのではないでしょうか。

お得なのは?

お得に購入出来るSIMというのはmineoというSIMがお得だと思います。

こちらがmineoです。

こちらがドコモでもauでもどちらの機種に挿しても使うことが可能です。ただし自分はどのプランを使うか明示する必要があるのでそのあたりは注意が必要ですが・・・

とにかく今はこのSIMが結構売れているようで、お得であることは間違いありません。

通話はどうする?

通話のみをガラケーにさせるのです。

その時はauのGRATINA2あたりをMNP一括0円 キャッシュバックで維持させておくのです。

それで通話は問題ありません。ガラケーは未だに人気のあるガジェットですが、それでもMNPなら各社それなりに安価に所持することが可能です。

メールアドレスは?

キャリアメールからはお別れしましょう。gmailを利用するのです。

それにより、どこのキャリアでも利用することが可能です。

キャリアメールをやめてgmailを活用しましょう。

それが一番お得なことは間違いありません。是非検討して欲しいと思います。

安価な機種

こういったWindowsPhoneという面白い機種も非常に安価に購入することが可能です。

是非こういう機種も検討して欲しいところですね。

個人的には是非このような機種をMVNOで動作させたいですよね。

今後はSIMフリーがスタンダードに

各社から発売されている機種は今後SIMフリーにすることが可能なのです。

ということは業界がスタンダートになっていくということではないでしょうか。

SIMフリーという言葉をよくわからない人でも徐々に理解はしていくものと思います。

そうなれば、安価にスマホを使うことが可能になるのです。

早くそういう時代になればいいですよね。

イオンもあり

2015年11月17日追記

イオンモバイルホームページ

イオンモバイルという選択肢も個人的にはありかと思います。

こちらも非常に安価なので、是非検討して欲しいと思います。今後もっと安価なものがかなり出てくると思われますが、とりあえず今のところはこれくらいが一番安価なのではないでしょうか。

イオンモバイルというのは、大型のイオンにいけば店舗もあります。

そういう意味ではある程度安心して購入することも可能なのです。やはり安心して購入したいですよね。

特に専業主婦の人などは毎月の家計のやりくりで必死の人も多いと思います。そういう人にはこのようなイオンのSIMをオススメしたいと思います。

家計にもかなり優しいSIMなので、毎月の通信費を落とすことも可能ですよ。

DMMも安価

2015年11月19日追記

こちらがDMMのページですが、DMMも非常に安価です。

一応このDMMというのは業界最安値宣言をしているので、業界の中ではトップクラスのやすさです。

440円から利用出来るということなので、非常にお得で非常に安価です。

今後はこのようにMVNOにシフトしていくことが考えられますが、総務省などのキャッシュバック規制など結構厳しいものがありますよね。

せめてキャッシュバックは今のまま維持して欲しいと思います。携帯電話の通信費値下げ要請が総務省からありますが、実際にはどうなんでしょうか?

安くするメリットはキャリア側にはありませんが、それに対して積極的です。おかしいと思いませんか?

安くなれば儲からないのに積極的というのは確実に裏があると思いませんか?おかしい話ですよね・・・

総務省が通話料の低減を提案中

これからのことですが、総務省に向けて通話料、通信費の低減を提案しているようです。

そのため今後キャリアはある程度通話料や通信費の値下げを行うものと思われます。

さらにキャッシュバックも減らせというような要望が来ているようで、結構厳しい要望だということです。

今後どうなっていくのかわかりませんが、MNP一括0円のような案件がなくなり、本当にMVNOに人が流れていく可能性が非常に高いですよね・・・

業界のキャッシュバックがなくなる

2015年11月20日追記

今後キャッシュバックもかなり縮小傾向になるといわれております。

そう考えると今後は本当にどうなっていくのでしょうか。MNPをする人が間違いなくいまより少なくなり、確実にMNPの数が減ります。

MNPをしなくなった人ただしそれなりに情報を持っている人は格安SIMに流れることは間違いないと思います。

格安SIMに流れてしまうとその流れを止めることは出来ないでしょう。

キャリア直の契約がどんどん減ってしまうのです。業界全体で見ると契約数は変わりませんが、支払い総額という部分でかなり減ってくると思いますね。

そうなれば痛いのはキャリアです。キャリア以外にもそこに取り巻く代理店などもかなりきついと思われます。

本当に今後はどうなっていくのでしょうか・・・

キャッシュバックがなくなると?

2015年11月24日追記

確実に端末は売れません。

端末が売れないということはメーカーが困ります。

代理店も困ります。ということは確実に負の連鎖が始まるわけです。

今後MVNOが主流になりつつあり、業界全体の収入が下がり始めているわけです。

現在スマホを持っていない人は半分以下になってきたわけですが、今後スマホ需要を伸ばすことはもう難しいでしょう。

スマホ景気が一時的にありましたが、今は前年割れが続いているようです。

前年割れが続いているということはメーカーはかなり辛いでしょうね・・・

それこそキャリアや総務省が思い切った施策を見いだせないと結局困るのは代理店やメーカーになるのです。このままで本当にいいのでしょうか。

公開日:2015年10月24日