スマホが売れない MNP のりかえ 対策でドコモ ソフトバンクが厳しい制裁

iPhone7予約
docomo ドコモ SB ymobileL
 

スマホが売れないと嘆いているのはメーカーと代理店です。

現状をヒアリングするとかなり困っているようですね。代理店の営業などはキャリアがMNPの施策を入れてきたので、本当に売れなくなってしまったと。

昔ならMNPを派手にしてくれるお客様もたくさんいましたが、今は非常に少なくなってしまいました。ということです。

しかもMNPをしてくれるお客様は素晴らしいことに台数も多いんですと・・・

 
 
iPhone7予約
docomo ドコモ SB ymobileL
 

本当に売れないらしい

本当に売れないということなので、代理店は販売計画を維持することが不可能のようです。それなりに施策を入れたとすると契約には来るらしいのですが、MNPの場合は審査に時間がかかったりすることも多く、審査で落とされることも非常に多いということです。

5台同時MNPというのは、店としても非常にありがたいお客様のようです。実質新規を10台とったのと同じ扱いになるからのようで、インセンティブもそれなりに入ってくるようですね。

それがその5台全部審査で落とされるというようなことがここ最近頻発しているようです。

そうなれば、代理店としても途中まで仕事をさせられた上に結局契約がとれないという悲惨な状況になるようです。

そういうことの積み重ねで無駄な作業をさせられていることも非常に多くなったということです。

メーカーも困惑

MNP一括0円でも端末が売れないということにメーカーも困惑しているようです。

昔はMNP一括0円なら端末はそれなりに売れていましたが、ここ最近はMNP一括0円でも顧客が購入してくれません。

ということは、MNP一括0円キャッシュバックをつければ売れるのか?というとそういうわけではありません。

先ほどの代理店で行われたものと同じように、残念ながら契約審査が厳しいので、売れないようなのです。

売れないということは、メーカーとしては売上は上がらないのです。

MNP一括0円で販売しているのは、キャリア側の話であって、端末代金はメーカーには入ってきているという現状があります。

要するに0円で販売したからといって、メーカーの手元にはお金が残らないというとそういうわけではありません。

メーカーの手元にはお金はきっちり入ってくるのですが、0円でも売れなければ入ってきません。

維持費が高くなった問題

各社携帯電話の維持費がかなり高くなってきて、残念ながら維持費すら払うのがもったいないと思う人が非常に増えてきました。

そういう人達はMVNOに流れていくものと思われますが、それにしても維持費が上がってしまった以上これ以上キャリア契約を必須としない人達が増えてくるものと思われます。

これでは携帯業界どうなっていくの?と思いますよね・・・

ドコモは特価ブラックも

2015年10月23日追記

特価ブラックいわゆる特価BLというものがここ最近世の中を賑わしております。

この特価BLというものは何でしょうか?

ドコモ 特価BL ブラックで割引適用対象外 月々サポートも付かない

このように特価BLになると特価で購入することが出来ません。

月々サポートが付かないという契約をせざるを得ないようになります。

非常に残念な契約になってしまうわけです。当然ながらこれでは面白くありませんが、ドコモが新しい施策を色々と打ち出してきた証でしょう。

2015年9月からこのような施策は開始されており、すでにMNPで特価BLになった人が続出しています。本当に残念な感じですよね・・・

MNP一括0円○○円キャッシュバックと書いてあり、美味しい案件があったと思ってもMNP出来ないのです。

そのキャッシュバックを受け取ることすら出来ません。これにより、メーカー及び代理店はかなり辛いと思います。

本当にこの先どうなるでしょうか?もう少し顧客のことも考えて欲しいですね・・・

初回投稿日:2015年10月22日