日本でSIMフリー制度が開始したら喜ぶのは中国 韓国メーカー

iPhone7予約
docomo ドコモ SB ymobileL
 

日本でSIMフリー制度が開始したら喜ぶのは中国 韓国メーカー

今SIMフリーを日本で推進していきましょうという動きがたくさんでております。

さてSIMフリーになると消費者はどのようなメリットがあるのでしょうか・・・

現在の端末は通常SIMロックがかかっています。

ということはドコモで端末を買うとドコモの通信網を使うことを前提にドコモからSIMを購入しているわけです。

SIMフリーになるとメリットは?というと

日本では今のところほとんどありません!!!!

何故かというとSIMフリーの端末を調達するコストは5万円以上

そしてなんといっても通信費がどこの会社も同じだからです。

となると端末を少しでも安く買える会社から選びますよね!

それでいいのです。

日本は確実におかしな方向に向いております。

国がそういう制度を決めること自体おかしいのです・・・

携帯会社は現在民営化されており、自由競争になりたっています。

それが何故か国で決めようとしているのです・・・

そして中国や韓国が喜ぶということですが・・・

SIMフリーになると端末を調達することからはじめなければなりません。

となると安価な韓国や中国の端末が売れると思いませんか?

そりゃ安いにこしたことはないので、安価に調達出来ると喜ぶのはこれらの国です。

皮肉な感じですが、日本はいけてない方向に進んでいることは間違いないと思います。

 
 
iPhone7予約
docomo ドコモ SB ymobileL
 

中国メーカーなどは非常に安価なSIMフリー機種を発売

2015年7月21日追記

現在中国メーカーのものはこれくらい安いのです。

安いといってもそれほど悪いわけではありません。

スペックがちょっと低いだけなので、基本的なネットを見るメールをする写真を撮るなどということは問題ありません。

スペックさえ気にならなかったら本当に問題ないのです。それでも動作速度はそれほど速くないのでイライラすることもあるかもしれませんが、それくらい現在の中国製品は良く出来ていると思います。

こういう機種も一度検討してみるのはどうでしょうか。

中国産が悪いわけではない

2015年7月22日追記

最近は中国メーカーのレベルもかなりあがってきており、ほとんど問題ないケースが多いです。

国産モデルのほうが発熱問題などもあり、イマイチなのかもしれません。

これもHuaweiのAscendMate7という機種ですが、8Coreを持っており、非常に優秀な機種であることは間違いありません。

とにかく最近の中国のレベルは上がっていることは間違いないでしょう。

是非検討してみてください。

公開日:2014年7月15日